亜ヒャブログ

北関東・会社員・車いすユーザー・生活・考えたこと

感想

月曜の朝起きてすぐ『暗殺教室』をダウンロードして読む楽しみがなくなった分を何かで補っていきたいものです。

 

好きな物や楽しかった出来事などを話して「良かったねー!」と返されるなんて実家ではほぼ考えられませんでした。話したところで「何が楽しいのかさっぱりわからん」とか「こっちは全然楽しいことなんかない」などと吐き捨てられ否定されるのが目に見えているので、今は実家から電話が来ても用件以外は「仕事が忙しくて大変」の一点張りでかわしています。繁忙期でないときもこの手を使うと明らかに虚偽申告なのですが、それを聞いた相手がこちらより優位に立ったと思ってそれ以上深追いしてこないため私の精神状態の悪化を防げるというメリットを考えると立派な方便たりうるのです。

今日は昼休みに皆で心置きなく週末の出来事を話し合い、前述の後輩の「銀座に行ったのにワシントンで靴買ったってどういうことですか」という質問に答えるなどして帰りました。多分人生で30回くらいこの質問受けてる。