亜ヒャブログ

北関東・会社員・車いすユーザー・生活・考えたこと

課程

 

yasuyukiarakawa.hatenablog.com

他には、学校のカリキュラムにこだわりすぎないことも大切だと私は思っています。なぜなら、学校の勉強ができることと、自立して生きていけるようになることは別のことだという根本的な問題があるからです。

 

 『学校』の部分を『塾・習い事』 に置き換えても同じことが言えます。塾の課程を全て終えたからといって自分が万能ではないということに気づくのがだいぶ遅かったため、口には出さずとも周囲のできる人を僻んだり、一方で自分にはもうこのカリキュラム以上のことはできないと勝手に思っていたり、随分と弊害の多いことをしていたものです。大学在学中、専攻外の活動で知り合った教授に「その塾のカリキュラムの通りにやったら子どもの可能性を狭める危険がある」的なことを言われたことがありましたが、当時は全く異に介さず、それどころか「その塾で勉強したおかげで大学に進学できたんだ」と食って掛かる始末でした。今なら彼が意図していたことがわかります。塾も習い事も日常生活もバランスよくやる必要があったのです。新刊出たら買いますからね。