読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亜ヒャブログ

北関東・会社員・車いすユーザー・生活・考えたこと

ニュータイプアワード発表中

生活

すしおおめでとうすしお

 

人気オリジナルアニメ「キルラキル」ができるまで - 「TRIGGER」舛本和也プロデューサーが"アニメの作り方"を詳細解説 (1) アニメを仕事にした理由、そして「オリジナルアニメ」の特質 | マ

 

最後のページに書いてあった10か条は別に学生に限ったことではないですね。

1:映画を観る(1年に100本)
2:作品を作る(1年に4本)
3:自分が楽しいことをする(なんでもいい)
4:夢中になるものを探す(好きな物ではない)
5:イベントの幹事をする(飲み会、旅行など)
6:会話をする(年上の人と)
7:同志を作る、見つける(友達ではない)
8:物事を簡単に否定しない(物事には原因と動機があり情報には意図がある)
9:(アニメーターを目指すなら)絵を描く(1日6時間)
10:とりあえず"やる" 

自分に置き換えたら1年に100冊は本を読みたいなあ。半年で50冊、1ヶ月に8冊か9冊。1週間に2冊か3冊。やれなくはない。