亜ヒャブログ

北関東・会社員・車いすユーザー・生活・考えたこと

気持ちの切り替えに対する罪悪感と闘う

「気持ちを切り替えて」とハセベがコートジボワール戦の後に何度も言っていました。

 

個人的に気持ちを切り替えるということが苦手です。というよりも、『気持ちの切り替え』に対してものすごい罪悪感を感じます。気持ちを切り替えるよりも過去の失敗を覚えておくほうが気が楽とすら思ってしまうこともあります。

 

失敗は失敗と受け止めて次に繰り返さないように具体的な行動として何ができるか考え、次の結果につなげる というサイクルを繰り返すことができれば一番いいのだということにたどり着くまでに随分考えました。それまでは具体的な行動を思いつけず、「気持ちを切り替える」と言うことで過去の失敗をなかったことにしているように思われるのが厭でした。定期テストの結果が悪かったときの結果表の所感欄には『この失敗を二度と忘れず次はこんな成績を取らないために勉強をしっかりやる』と書き、その後も結果表を見返すたびにこれを書いたときのことを思い出して辛い気持ちになることをよしとしていました。具体的に何を強化する とかは全くプランなしでした。

 

再来週は上半期が終わった後の業績確認的面談があります。無心で臨みます。その前に来週をやっつけないと。