読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亜ヒャブログ

北関東・会社員・車いすユーザー・生活・考えたこと

身の程ってなぁ〜に?

身の程ってなんだYO〜?なんかのさなぎとかじゃない?一年に一度くらい『なんかのさなぎ』の歌詞が頭を巡ります。

 

写真に写る抵抗がだんだん減ってきています。少なからず自分の身の程を知ってきて、自分のおかれた環境の中でどう工夫すればいいかを考えるようになったからじゃないかと思っています。

 

高校生の頃、同じクラスでよく一緒に遊んでいた友達が、私を含めてだいたいいつも一緒にいる人々の集合絵を描いてくれたことがありました。私以外はみんな立ち姿。私一人だけ車いすの代わりにスツールのような椅子に座っていて、他の人々とだいたい背丈が一緒になるように描かれていました。今にして思えばみんなの特徴がかわいく描けていて素敵なイラストだったのですが、当時の私は自分一人だけ椅子に座っていることが受け止められず、「私も立ち姿にしてほしかった」と言って彼女を困らせた記憶があります。ごめんアヤコ。

そのときの私は自分の体が他の人と違うことは知っていたものの、障害について正しく理解しようとしたことはなかったし、その環境の中で工夫をするとかどう楽しく生きるかとかもまるで考えていませんでした。家族も私の障害を受容しているのかいないのかよくわからない環境だったので、家の中では障害に関する話をするのも何となく憚られていました。

 

大人になって生活しやすい環境の中で少しずつ自己肯定ができるようになってきて、自分に似合うものを探して身につければ楽しくなることもわかってきました。世界一有名なビーグル犬も言っています、"You play with the cards you're dealt."

 

はちまき先生ー!