読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

亜ヒャブログ

北関東・会社員・車いすユーザー・生活・考えたこと

今週のお題「春になれば」

うち 生活

だいぶ暖かくなったということで、週末は客人をお招きしました。

リビングの雰囲気や棚に飾ってあるぬいぐるみを賞賛された一方で、その隣に飾ってある劇場版まどマギの色紙やはがきがことごとくスルーされたのが非常に気になります。

 

それはさておき。

ケーキをつつきながら大人らしく景気の話をしたり税金の話をしたりしていたのですが、やがてキャリアの話になりました。客人は地頭がいい上に文化的レベルと向上心が高く、話を聞く限り着実に自分の目指すものに向かっていることがわかりました。まさに天が二物以上のものを与えている事例を目の当たりにしてぐうの音も出ませんでしたが、せっかく北関東くんだりまで来てくれたことを労って、焼肉をご馳走して丁重にお帰しし、布団に入って猫にのしのし踏まれながらしみじみ考えたのです。キャリア形成を人生の過程で当然の課題として考えられるってすごいことだなあと。

 

実家を脱出することで燃え尽きて考えるのをやめてしまっていたことに気づいたものの、将来に向かって具体的に何をしていけばいいのかわからず、そうはいっても目の前の仕事をきっちりやらずしてそんなこと考えてられっかと堂々巡りしていた脳内に一石が投じられた気分です。

 

更なる堂々巡りを避けるために思いついたことが三つ。

  1. 食わず嫌いをしないこと。誘いや興味があれば自分の体力が許す限り行ってみる。どのくらいで体力が許すかは自分で実際に実験しながら確かめる。大学の後輩によく似てるヴァンサン・カッセルがこないだ真っ昼間から放送していた『ブラック・スワン』で言ってました、"The only person who is standing in your ways is you." と。
  2. 時間を有効に使うこと。乾燥させた洗濯物を洗濯槽に放置して徐々に取り出すうちに臭くなってきて結局数時間かけて洗い直すよりも、きれいなものを5分で畳んでしまった方がいいに決まっている。
  3. バッファを持ち過ぎないこと。実家では9時出発なのに10分でできるような支度をなぜか8時からやらされ、残りの50分間を玄関付近で無為に過ごさせられることが往々にしてあり、今でもその癖が抜けずに早めに支度を終えて玄関でぼーっとしていることがあるので、うまく調整していく。

 

春に当たってそこそこふさわしいアイデアな気がします。これで仕事もプライベートもぼちぼちスムーズに回り始めるといいなあと思います。